新宿の泌尿器科では何ができるの? | 新宿の泌尿器科 Q&A

新宿の泌尿器科では何ができるの?

新宿にはたくさんの病院がありますが、その中の1つに泌尿器科という病院があります。
内科や耳鼻科といった病院に比べてあまりなじみがなく、どんな症状で診察を受ける病院なのかよくわからない方も多いでしょう。
この泌尿器科は一部の特殊な方だけが利用する病院ではありません。
実はどなたにでも起こりえる症状を相談できる身近な病院となりますから、どんな症状で相談できるのか確認しておくといいでしょう。

▼ 目次

泌尿器科で何を診てもらえるの?

まず泌尿器科ではどのような部位の症状を診るのかというと、それは泌尿器となるのですが、もっと具体的に言うと腎臓や膀胱、尿道といった部位の異常を診察する病院となります。
一般的に陰部とよく言われる範囲が専門となり、性器で起こる異常なども一緒に見ている場合もあります。
ただし性器で起こる異常については男性が中心となりがちです。
女性の性器の異常はあまり対応していない病院が多いです。

こちらの病院を受診したい主な病気ですが、たとえば膀胱炎がありますね。
これは泌尿器科でよく治療されている代表的な病気となります。
膀胱炎とは膀胱の中で炎症が起きる病気で、これになると尿の頻度が非常に多くなったり、排尿時に痛みが出たりします。
この病気になりやすいのはどちらかというと女性です。
膀胱炎は細菌が原因で起こることが多いのですが、女性は体の構造上、尿道が短いために細菌が入り込みやすく、膀胱炎も起こりやすいのです。
女性にとっては比較的身近な病気となるのですが、もしこれになったかなと思ったら、受診する病院の1つが泌尿器科となるのですね。

このように泌尿器科では腎臓や膀胱、尿道周りの異常を診ている病院だと覚えておくといいかもしれません。
ちなみに泌尿器科とは男性向けの病院だと思われがちですが、男性限定の診療科とは決まっていません。
先の膀胱炎のように女性がなりやすい病気を診ている泌尿器科など、女性の患者もおられます。
もちろんその病院の方針で男性・女性どちらかに患者を限定している例もないわけではありませんが、少なくとも泌尿器科というだけで男性限定となるわけではありませんから、これも覚えておくといいでしょう。

泌尿器科の症状につきまして

もし泌尿器に異常を感じたら男性でも女性でも、新宿にある多くの泌尿器科のどこかを受診できますが、その判断のために知っておきたい症状をいくつかご紹介しておきます。
泌尿器科では泌尿器で起こる病気や異常の診察を行っていますが、自分でそれがどんな異常なのか判断できるとは限りませんよね。
泌尿器で何か異常が起きているときの自覚症状を覚えておくと、原因等はわからなくても泌尿器科を受診したい症状だとは判断ができるでしょう。
その自覚症状とは、尿の出が悪い、頻尿、排尿時の痛み、尿のにごり、血尿、尿道から膿が出る、残尿感が強いといったものです。
このような症状が出たら何らかの異常が起きている可能性があるため、泌尿器科を一度受診してみるといいです。

また、泌尿器科では性器に起こる病気や異常として、性病を診ている場合もあります。
このときは先にご紹介したような自覚症状に加え、性器に何か異常が起きたら泌尿器科を受診するといいです。
その性器に起こる異常とは、ブツブツ、腫れ、赤み、しこり、かゆみ、ただれ、不快感、違和感などです。
このような普段はないはずの症状が出たときは泌尿器科の受診を一度考えてみるといいでしょう。
診察の結果、泌尿器周りで起きている何らかの異常や病気だと診断され、適切な治療を受けられます。

このような病気や異常が疑われる自覚症状のほか、あまり人に言えないデリケートなお悩みや症状も泌尿器科で相談できることがあります。
たとえば尿漏れや失禁です。
小さい頃はこのようなことを経験した方がほとんどでしょうが、成長にあわせて自然にこのような尿トラブルはなくなった方が多いですよね。
ところが年齢を重ねるにつれ、思いがけず尿が少し漏れたり、失禁したりといったトラブルが起きることもあります。
このようなことが起こると日常生活に支障も出やすくなりますし、非常にデリケートなお悩みになりやすいですから誰にも相談できず、一人で悩みがちです。

泌尿器科ならデリケートな悩みも相談できる

実はこれら尿関係のトラブルも泌尿器科で相談可能です。
これら尿漏れや失禁などが特定の泌尿器の病気が原因で起きている場合もあります。
それら深刻な病気とは関係なかったとしても、泌尿器科ではそれら尿もれ等の原因を特定し、適切な治療や対応法を指導してもらえます。
そのままでいるよりも症状が軽くなることもありますから、これら尿関係のトラブルや悩みなどがあれば泌尿器科の受診を1つの方法として考えてみてください。

このほか、泌尿器科では具体的な自覚症状はなくても、将来的な病気や異常に備えるための検査なども行っています。
よく行われるのは男性の前立腺の異常の検査ですね。
前立腺がんになる男性が増えていますが、これは泌尿器科で検査を受けることである程度調べられます。
こまめに検査を受ければ早期発見にもつながるのです。
泌尿器科ではこのようにいろいろな症状の診察や相談ができます。
該当する症状に悩んでいるときなど新宿にある泌尿器科の受診を考えてみるといいですよ。

新着情報

泌尿器科でよく処方される薬一覧

泌尿器科とはどういう診療科目なの?

泌尿器科に関しては、内科や皮膚科や耳鼻科に比べて利用頻度が低いですよね。

しかし、年齢を重ねてくればくるほど、実は泌尿器科への相談も多くなります。

代表的な相談内容としては、頻尿など毎日の生活で悩むことが多いと言われています。

泌尿器科ではその名前からわかる通り、泌尿器に関する悩みを解消してくれます。

泌尿器科で治せる症状の多くは、性器や膀胱など下半身にある器官が多いですね。

実際に診療科目としてはマイナーかもしれませんが、利用する人は利用します。

例えば、年齢を重ねずとも性に関することで相談するという人は多いですね。

泌尿器科でよく処方される薬一覧 ≫ Click

泌尿器科薬のベタニスが効く症状

泌尿器科で治せる症状

泌尿器科とはよく聞くものですが、どのような症状を治してくれるのでしょうか。
主に泌尿器科では排泄器官などを中心に治療を行うことができます。
性器はもちろん、膀胱などを含めた泌尿器関連に出た症状を治すことができます。
性病などはもちろんですが、もっと軽い症状にも対応していて「おしっこの頻度が多くなった」「下腹部が痛い」というものでも診察することが可能です。
ただ、泌尿器科で治せることには限りがあり、風邪などは治せません。
それこそ骨折などを治すこともできないので、そこは注意が必要となります。
あくまでも泌尿器科で診てくれるのは泌尿器に関する病気だけだと思ってください。
医師も泌尿器に対しての知識はありますが、その他の知識は乏しいこともあります。
まずは専門的に診てくれる医師を見つけ、泌尿器の相談をしてみてください。
泌尿器科薬のベタニスが効く症状 ≫ Click

泌尿器科で治せる男性の性病

男性がなっていまう性病

男性は性器が体外に突出しているということもあり、性病になるリスクも大きいです。

女性と比べても男性が性病になるリスクは意外と高く、むしろ女性よりも性病に悩むという人がいたりするほどです。

そんな男性がなってしまう性病と言えば、クラミジアなどが代表的です。

クラミジアになると尿道が炎症を起こす他、前立腺炎や副睾丸炎になることもあります。

その他、男性でも尖圭コンジローマになったり、性器ヘルペスになったりします。

さらには淋病となることもあるなど、意外にもなってしまう性病は多いです。

そこは男性も気をつけておくことが必要です。

パートナーからの感染もある他、実は単体で発症するということもあります。

だからこそ、より性病には気をつけておくことが必要となります。

男性は女性に比べて性器も丈夫に見えますが、感染症はまた別の話です。

男性の性病の治療

男性の性病に治療としては、検査を行って薬を使っていくのが一般的となっています。

性病によっては数週間もあれば治療することができるものもあります。

ただ、男性の性病は放置する人も多く、症状が悪化しているということもあるでしょう。

そうなると、治療は最大で数ヶ月かかってしまうこともあるので注意しましょう。

なお、性病が進行したままにしておくと、男性の不妊症になることもあります。

女性に比べて身体的な影響は少ないですが、それでも不妊は女性だけの問題ではないです。

男性が性病になれば、それを治療するために泌尿器科への相談が必要となります。

泌尿器科では男性の治療も積極的に行っており、早い人であればすぐに治ります。

性病は恥ずかしいということもあるかもしれませんが、誰でもなる病気です。

むしろパートナーがいてこそなので、ぜひまずはしっかり検査して治療をしましょう。

男性医師がいる病院

男性が性病になった時、女性医師に見られるというのは恥ずかしいですよね。

やはりそこは同性の医師の方が相談もしやすいかと思います。

近年はそこもしっかり区分けしており、女性には女性医師、男性には男性医師となっているので、あまり恥ずかしがる必要はありません。

それよりも治療をしっかり進めないと悪化するので、的確に治療してください。

信頼できる医師であれば、すぐに治療してくれるかもしれません。

まずは相談してみて、自分の症状を診察してもらい、治療に入っていきましょう。

そこで何かわからないことがあるのなら、積極的に聞いてみてください。

泌尿器科で治せる女性の性病

女性がなっていまう性病

女性はパートナーとの性交渉などによって、性病になることがあります。

しかし、性病とは言ってもそれぞれの病気によって症状も違ってきます。

性病は誰でもなるものなので、パートナーによっても変わってくることがあるのです。

そのため、定期的に性交渉をするという人は、性病になっていないかどうかの確認も必要。

それらの検査に関しては泌尿器科で行ってもらうことができます。

女性がなってしまう性病としてはクラミジアなどがとても多いと言えるでしょう。

ただ、それだけではなく尖圭コンジローマや性器ヘルペス、淋病などもあります。

これらの性病は女性にも多いので、定期的な性交渉には要注意です。

もちろん、誰もが発症するリスクを持っているため、そこは注意が必要となります。

泌尿器科で治せる女性の性病 ≫ Click

泌尿器科で治せる性病と検査

泌尿器科で性病は治せる?

性病になってしまった時、とてもショックが大きいのはもちろん、困惑すると思います。
まず頭に浮かんでくるのは「どうやって治せば良いのだろう」ということですよね。
ただ、先に行っておきますが、ほとんどの性病は的確な治療で治すことができます。
性病に関しては症状も人によって違ってくるので、一概には言えません。
しかし、多くの性病はすでに治療法も確立され、泌尿器科などで治せます。
専門の泌尿器科があれば、まずはそちらに相談してみると良いのではないでしょうか。
泌尿器科では診察をしてくれることはもちろん、ちゃんと検査もしてくれます。
それらの検査についても熟知しておけば、何も怖いことはありません。
性病になるということは、少なくとも原因があるので、その原因を解消しましょう。
できれば理由を考えてみて、パートナーとも治療を進めることが必要となります。
泌尿器科で治せる性病と検査 ≫ Click